たいなか施療室にて

仕事や日々の生活の中で思うこと、感じることを綴っていきます。

頭頚部の症状に関わる筋について

今回は、頭頚部の症状に関わる筋について書きたいと思います。

 

とりあえず、ザッと挙げさせて頂きます。

・肩甲挙筋

僧帽筋

・広頚筋

・頚長筋

・頭長筋

・舌骨下筋

・胸鎖乳突筋

・後部筋(頚部伸筋群)

・斜角筋(前、中、後)

・頭直筋(前、外側)

・後頭下筋群

 

これらの筋に問題が発生すると、頭頚部の運動制限(可動域制限)、肩こり、頚部痛(首こり)、頭痛、顔面痛、嚥下時の食道の違和感や痛み、自律神経系の障害などの症状が出てきます。

上肢への影響(関連痛、しびれ)も出てきます。

 

それと、これは頚部の筋ではないですが、大胸筋は姿勢(猫背)による肩こりなどを引き起こしますし、小胸筋は肩や首や上肢の状態に密接に関係している肩甲骨に影響を与えます。

 

これらの筋の中でも特に私が重要と言いますか、施療にあたるうえで、よく出くわす、トラブルを起こしやすい筋をピックアップして、もう少しだけ書かせていただきます。

 

 ・肩甲挙筋

 収縮によって頚椎への圧迫力が増加する。
それにより首の硬直や頚部の可動域制限が起きる。

収縮によって肩甲骨が下方変位し肩甲骨関節窩が下方へ。
それにより肩関節(肩甲上腕関節)の不安定性が生じる。

寝違えを引き起こす筋でもある。

 

僧帽筋

肩こりの代表的な筋の一つですね。

特に上部の僧帽筋は眼や眼の上、こめかみなどへの痛みを引き起こします。

頚部痛の原因にもなっています。

 

・胸鎖乳突筋

この筋は色んな症状を引き起こす筋であります。

それだけ繊細な筋とも言えるでしょう。

施術するにあたって、この筋に関しては慎重に扱う必要があります。

症状としましては、

鎖骨部:前頭部痛、目の周りの痛み、頬の痛み、顎先端の痛み、胸鎖関節痛、嚥下時の食道の違和感や痛み。

胸骨部:前頭部痛、耳の後部痛、自律神経系障害(涙、結膜炎、鼻炎、視覚障害、鼻風邪、眼瞼下垂など)

三叉神経痛に似た症状が出ます。

酷くなると、難聴、眩暈感、平衡感覚異常、運動失調、突然の転倒、吐き気を含む見当識障害を起こすとも言われております。

 

・斜角筋

この筋は胸郭出口症候群の原因の一つになっている筋です。

胸郭出口症候群については、また書かせていただきます。

症状としましては、

腋窩周辺の痛み

深呼吸がしにくい

上肢内側(または外側)の関連痛(神経レベルで言うとC7、C8)

頚部痛(局所痛、深部痛、鋭い痛み)

肩の痛み

胸郭出口症候群の症状(これについては、また書きます)

 

・後頭下筋群

この筋は小後頭直筋、大後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋からなります。

症状としましては、

深部の頚部後方の痛み

頭の横から眼までを包み込むような頭痛

これら4種の筋の中でも小後頭直筋が最も深層に位置し、固有感覚受容器の密度が最も高いと言われております。

この筋の機能が低下すると、頭部の不安定性が生じます(めまいを引き起こす原因になります)。

この筋の委縮は慢性的疼痛症候群の原因になります。

後頭下筋群の機能障害を改善させることによって、股関節の可動域が増加したという報告(論文)もあるようです。

 

とりあえず、ザッと簡単に書かせていただきました。

 

これらの筋におきましては、施術は十分に可能です。

症状の改善が見込めると思って頂いていいかと思います。

もちろん、これらの筋が、その症状の原因になっていればの話ですけどね。

 

ご相談して頂ければと思います。

 

 

たいなか施療室

顎関節症(TMD)について

今回は、顎関節症TMD)について書きたいと思います。

 

その定義といたしましては、

・咀嚼筋や顎関節(TMJ)と、それらに関連する構造に起因する障害。

・顎関節周辺にある筋骨格系の疾患。

という感じですかね。

 

症状といたしましては、

・捻髪音

・開口時の下顎の変位

・顎関節周辺の軟部組織の圧痛

・顎関節の運動制限

・顎関節の痛み

などです。

 

原因といたしましては、

・障害

・歯ぎしり

・関節円板の転移

・変形性関節症、リュウマチ性関節炎

・オーバーユース

などが考えられます。

 

その原因の中でも、関節円板の転移が最も多い原因と言われております。

そして、ほとんどが前方への転移です。

 

直接、顎関節に関連してくる筋(咀嚼筋)といたしましては、

・側頭筋

・咬筋

・外側翼突筋

・内側翼突筋

・顎二腹筋

などです。

 

その中でも、外側翼突筋が顎関節症にかかわっている率が高いです。

なぜなら、外側翼突筋は関節円板を前方へ引っ張る作用があるからです。

 

 

初期・前中期あたりのものなら比較的、徒手による保存療法は効果的だと思います。

顎関節へのアジャストメント(矯正)・モビリゼーション、咀嚼筋や頭頚部の軟部組織へのリリース、あとは頭頚部へのアジャストメント(矯正)・モビリゼーションなどで改善がみられることが多々ございます。

 

しかし、かなり進行してしまっているものに関しては、やってみなければ分からない、ちょっと難しい、厳しいかもしれないという感じですね。

 

 

ちょっと試しにとか、とりあえず相談だけでもとか思われましたら、遠慮なくご連絡ください。

相談だけなら無料ですので。

 

 

たいなか施療室

顔面痛について

今回は、顔面痛について書きたいと思います。

 

まず顔面痛で考えられる事としましては、

・歯の疾患

副鼻腔炎(特に上顎洞炎)

・顎関節の機能障害

・目の疾患

・中咽頭または後方1/3の舌の機能障害

三叉神経痛

・慢性的発作性の片頭痛

などがあります。

 

原因は単純なものから、癌(腫瘍)・動脈瘤・骨髄炎といった危険なものまで幅広く考えられます。

ですので、まずは医療機関で受診して下さい。

 

あと原因が充分に解明されていない「非定型顔面痛」というものもあるようです。

 

症状と特徴としましては、

・顔面・顎・口腔などに原因不明の慢性的で持続的な痛みが生じる。

・外傷・炎症・できもの等の器質的変化がなく、X線撮影でも異常所見が認められず、知覚マヒも認められない。

・痛みの部位が三叉神経の知覚神経支配領域と一致せず、時に痛い部位が移動する。

・ズンとした重苦しい痛みで、表面部ではなく深層部の鈍痛として感じる。

・痛む部位を触ったり、押したりしても痛みが強くなることはない。

・中年女性に多いが、10代から高齢者まで幅広い年齢層に発症する。

・血液検査においても異常が認められない。

・しばしば無効な歯科治療が繰り返される。

・ほとんどの患者において、精神疾患を疑うような異常は認められない。

などです。

 

心因性説や神経因性説などがあるようです。

複数の要因が発症に関与しているケースもあるようです。

近年、抗うつ剤の鎮痛作用が有効であることが明らかになったようです。

 

 

顔面痛の原因の中で、当施療室で何とか施術できる(施術が可能なだけで、改善するかは、やってみないと分かりません)ものとしましては、

顎関節症によるもの(しかし程度によります)

・筋などの軟部組織の問題(拘縮・癒着など)

・上部頚神経(頚椎)の問題:(上部頚神経と三叉神経は同じ構造を持ち、ひとつの共同の道を通っているので、上部頚椎のサブラクセーション(機能障害)で三叉神経痛のような症状が出ることが結構あります)

などです。

 

だいたい、こんなもんです。

ご参考にしていただければと思います。

 

 

 たいなか施療室

めまい(ふらつき)について

今回は、めまい(ふらつき)について書いていきたいと思います。

 

この症状につきましては、私が行っている徒手療法(カイロプラクティック)や療術で改善するのかと言われますと、これも原因によります。

 

やはり、まずは医療機関で受診していただくことを、お勧めいたします。

重篤な問題(疾患)などが原因になっている場合がありますので。

 

例えば、

心血管系疾患(急性心筋梗塞・起立性低血圧・頸動脈洞過敏など)

頭蓋内病変(脳血管障害など)

小脳失調

薬剤性

などです。

 

そして重篤な問題(疾患)が原因でなくても、私が行う施術で出来ることは限られておりますし、施術だけで改善するかどうかは分かりません。

 

ある程度、対応できそうなものとしては、

BPPV(良性発作性頭位変換性めまい症)

片頭痛によるめまい

頚性めまい

硬膜サブラクセーションによるめまい

疲労心因性めまい

などです。

 

メニエール病については、本当にメニエール病でしたら、私の施術では難しいと思います。

しかし、繰り返すめまいに対して、安易にメニエール病と病名が付けられていることが結構あります。

ひょっとしたら、ある程度、対応できそうなものが原因になっている可能性があります。

 

そして意外に「施術(ケア)を受けだしてから、めまい(ふらつき)が減ってきた」「そう言えば最近ないな、忘れてた」という声が、けっこう聞かれます。

なので私は、全身調整(ケア)は効果があるのではないか、有効ではないかと考えております。

 

 もし宜しければ、試しに私の施療を受けていただければと思います。

 

 

たいなか施療室

頭痛について

今回は、ある程度の対応が可能な「頭痛」について書いていきたいと思います。

 

その前にですね、とりあえず当施療室に来られる前に一度、医療機関で受診していただくことを、お勧めいたします。

なぜなら、重篤な問題(疾患)が原因で症状が出ている可能性があるからです。

重篤な問題(疾患)が原因でなければ大丈夫です、ご安心して、ご来院ください。

ただ、症状が改善・緩和するかは、やってみなければ分からないというのが本当のところです。

 

それでは、今までの臨床経験の中で比較的、多く改善・緩和した頭痛を挙げさせて頂きます。(あくまで比較的です、全てではありません)

 

・緊張性(筋収縮性)頭痛

症状は、額・前頭部からこめかみに現れ、後頭部にも放散する。

鈍い、きつく締められたような感じ。

頭頂部に重みを感じる。

痛みというより圧迫感や締め付けられるような感じ。

疲労性の首の痛みや凝り(後頭部から肩にかけて)。

頭がクラクラする。

しばし頭皮の圧痛。

完璧主義な性格の方や不安、うつなどにも症状が現れやすい。

 

 ・頚椎機能障害による頭痛

 症状は後頭部に現れ、側頭部(片側)頭頂部に放散する。

眼窩(目の後ろ)にも症状が放散することもある。

軽度から中程度の継続的な鈍い痛み。

頚部を動かすと痛みが悪化。

片側の頭皮の感覚異常。

頚部の硬直と軋み。

頚部の運動制限。

頚椎に圧痛がみられる。

しばしば片頭痛と誤診されるケースも結構ある。

医療機関片頭痛と診断された方が改善するケースも多々ございます)

 

これぐらいですかね。

ですので、医療機関で診てもらったけど特に重篤な問題(疾患)もなく、様々な保存療法などを受けているが、イマイチ改善しないという場合、ひょっとしたら上記の頭痛かもしれません。

意外に多いです。

そして、そうだと分かっていても、それを改善させる、まともな施術を受けられていない方が多々おられます。

(これは、施術する側の問題です)

 

ぜひ一度、当施療室の施術を、お試しして頂きたく思います。

 

たいなか施療室

初めまして!

ども、初めまして。

私、フーテンおやじこと、ペンネーム「フーテンの鷹」と申します。

以後、お見知りおきを。

 

京都府長岡京市にて「たいなか施療室」という小さな施療室を営んでおる者でございます。

カイロプラクティック徒手療法)を中心とした療術を主に行っております。

皆様の健康管理、健康維持・増進のお手伝いをさせて頂いております。

この業界に入って約15年になります。

様々な症状と共に向き合い、症状の改善・緩和に向けて全力で取り組んでまいりました。

他の療法で優れない方は、ご相談して頂ければと思います。

 

そもそも、このブログを立ち上げたきっかけ(動機)は、自分(たいなか施療室)のホームページがあるのですが、そこで書ききれないことをブログで書いて、その記事をホームページに貼り付けようという魂胆で立ち上げた次第です。

 

ですので最初の方は、お堅く部位別で、ある程度、対応が可能な症状についてのことをボチボチ書いていきます。

そしてホームページに貼り付け終わったら、はい!おしまい(^^♪・・・

でもいいのですが、せっかく開設したので、その後は自由に、仕事や日々の生活などの中で思うことや感じることなどを書いていけたらなと思っております。

 

ということで、しばらくは、お堅い内容のブログになると思いますし、そんな頻繁に更新も出来ないと思いますけど、なるべくホームページの貼り付け用の記事は早めに片付けて、その後の自由に書くブログを楽しみたいと思っております。

 

なにぶん、中高年のオヤジが書くブログですので、めんどくさい、ウザい、しつこい、と思われる部分が多々あるかと思います。

ご容赦くださいませ。

皆様の優しい温かい目で見守って頂けましたら幸いです。

 

どうぞ宜しくお願い致します。